りらく連載「女弁護士日記」

りらく連載「女弁護士日記」
弁護士の不祥事

 近年、弁護士の不祥事が増えている。ひどいものは、依頼者から預かったお金を返さず使い込んでしまったとか、法外な弁護士費用を請求してその内訳も説明しないとかであって、日弁連の懲戒委員会は懲戒請求を受けて、退会命令、あるいは […]

続きを読む
りらく連載「女弁護士日記」
3月10日「負動産」

 今、全国的に不動産ならぬ「負動産」が問題になっている。A夫も、若くて元気で、船を乗り回して釣りに興じていた頃に島の一部を買って家を建てて、友人らを招待して魚料理を振る舞ったりしていたが、もう80歳近くにもなり、健康を害 […]

続きを読む
りらく連載「女弁護士日記」
2月20日 寒さ厳しく

 寒さが厳しくなり、毎朝ふとんから抜け出して起きるのがつらくなった。昔は電気毛布などなく、室内の暖房もゆき届いていなかったから、もっともっと寒い思いをした。小学生の頃の私はずるいことを考え、翌日学校に行く時の服装で寝た。 […]

続きを読む
りらく連載「女弁護士日記」
2月10日 家計管理は誰がする?

 物価高騰に保険料・税金の増額が家計を圧迫している。離婚の相談の際、私は必ず「家計管理はどっちがしていたか」を聞く。夫が給料の内から妻に毎月○○万円を家計費として渡す。仮にこれをA型としよう。夫は給料をすべて妻に渡して、 […]

続きを読む
りらく連載「女弁護士日記」
1月20日 隣人トラブル

 A男は、最近妻を亡くした。妻は人当たりが柔らかく、隣地の頑固な老爺ともうまく付き合っていたが、妻が亡くなると、その隣人は、A男にいろいろ文句をつけてくるようになった。「お宅のけやきの木の葉がうちの庭にも落ちて来る。木を […]

続きを読む
りらく連載「女弁護士日記」
1月10日 司法IT化についていけるか

 私は、ガラケーをスマホに替えたものの、ガラケー機能しか使えないでいる。スマホで何でも用を足す達人には感心させられる。  事務所で事件の依頼を受け、着手金は○○円ですというと、依頼者はその場でスマホを操作し、「はい、振り […]

続きを読む
りらく連載「女弁護士日記」
12月20日 認知症かな

 最近、私の身のまわりで、「アレ、この人、認知症かな」と思われることがよくある。5人の会食の席に一人だけ来ない、ケータイに連絡してみると「会食だったかしら?」と、のんびりした返事。同じ人から同じ御中元の品が二度贈られてき […]

続きを読む
りらく連載「女弁護士日記」
12月10日 弁護士稼業

 弁護士という仕事は、他人のためになっていることがあるが、逆に他人から恨みを買うこともある。  以前、離婚事件の相手の男性から、私のせいで離婚になったと恨まれ、「お前の自宅に放火して自分も死ぬ」という脅迫文が舞い込んだこ […]

続きを読む
りらく連載「女弁護士日記」
11月20日 共同親権

 今、離婚後の未成年の子の親権をめぐり、共同親権を導入するか否か意見が分かれている。親権とは子どもの身のまわりを世話するだけでなく、財産管理、進学先の決定、入院・手術の同意など重要事項の決定権も含まれる。  現在の日本で […]

続きを読む
りらく連載「女弁護士日記」
11月10日 旧統一教会問題

 安倍元首相銃撃殺害事件の衝撃によって、旧「統一教会」をめぐる問題が国民の関心を広く集め、大きな社会問題、政治問題になっている。  札幌で弁護士をしている同期からこの度、「統一教会の何が問題か」という著書が送られてきたが […]

続きを読む