2014年7月

藤田紀子の「女弁護士日記」
7月20日 (2014-7-20)

 小保方晴子さんのSTAP細胞に関する論文に不正があったか否かの問題で、小保方さんは、「悪意のないまちがい」という表現をしているが、この「悪意」というのは、どんな意味なのだろうか。  私の事務所にある国語辞典によると、「 […]

続きを読む
藤田紀子の「女弁護士日記」
7月10日 (2014-7-10)

 A子は、夫の暴言・暴力に耐えかねて、離婚を決意し、私の事務所に相談に来た。  A子の夫の写真を見せてもらったが、筋骨隆々、こんな男に叩かれたらさぞ痛いだろう。現に、A子は顔面を殴られて前歯を折られたり、携帯電話を投げつ […]

続きを読む