2018年2月

藤田紀子の「女弁護士日記」
2月20日 (2018-2-20)

 堀川惠子という作者の「戦禍に生きた演劇人たち」という小説を読んだ。  小説といっても、資料に基づいて、大正デモクラシーといわれた時代から一転、治安維持法ができて「舞台はイデオロギーによって変節させられ、国家によって自由 […]

続きを読む
藤田紀子の「女弁護士日記」
2月10日 (2018-2-10)

 弁護士は、法律問題を抱えている依頼者のために代弁するだけではなく、対立状態にある当事者間のトラブルを、上手に解決する役目も負っていると私は自負している。しかし、弁護士をつけたというだけで怒る人もいる。  A子の夫もそう […]

続きを読む