藤田紀子の「女弁護士日記」

藤田紀子の「女弁護士日記」
4月20日 (2013-4-20)

 以前アメリカの女性弁護士が、一週間我が家に滞在したことがあった。  その頃は、彼女も片言で日本語が話せたし、私も、英語で何とか会話ができ、仙台の裁判所や弁護士会館に連れて歩いて説明した。  15年を経て、また、彼女が夫 […]

続きを読む
藤田紀子の「女弁護士日記」
4月10日 (2013-4-10)

 4月になると、入学する子、進学する子がたくさんいる。  私の依頼者A子の一人娘B子も、中学生になった。中学生になると、6月に修学旅行がある。東京に2泊3日で行き、国会議事堂や浅草の観音様を見たり、隅田川を船で下ったりす […]

続きを読む
藤田紀子の「女弁護士日記」
3月20日 (2013-3-20)

 以前、学校事故の事件を依頼されたことがあり、その時、生徒や教職員からいろいろ話を聞いて驚いた。私の小・中学生の頃と、なんと様変わりしたのだろうと。  私の頃は、休み時間の職員室はいつもざわめいていた。質問やからかいに来 […]

続きを読む
藤田紀子の「女弁護士日記」
3月10日 (2013-3-10)

 運動部のしごき、体罰をめぐっての論争がなされている。  確かに運動部の練習はきつい。  私は、高校生の時スキー部だったが、雪の中、転んでは起き、転んでは起きて、滑り方や止まり方を覚えただけではなく、スキーや食料をかつい […]

続きを読む
藤田紀子の「女弁護士日記」
2月20日 (2013-2-20)

 仙台弁護士会の国際交流の関係の活動をしている弁護士と、宮城県にある公益財団法人宮城県国際化協会(通称 MIA  Miyagi International Association)の相談員との勉強会が定期的に開かれている […]

続きを読む
藤田紀子の「女弁護士日記」
2月10日 (2013-2-10)

 A子から離婚調停申立の依頼を受けたので、申立書に添付する戸籍謄本を取ってみた。内容を見てみると、夫は、2人の子どもを認知していた。A子は、それを知らず、びっくりした。  2人の子どもの母親は、夫の愛人のはずであるが、夫 […]

続きを読む
藤田紀子の「女弁護士日記」
1月20日 (2013-1-20)

 法廷で。  相手方代理人弁護士「それであなたは連れて行かれたのですね」   証人       「いいえ、私の方が連れて行ったのですよ」  相手方代理人弁護士「だからあなたが連れて行かれたのでしょう?」  ? ? ?   […]

続きを読む
藤田紀子の「女弁護士日記」
1月10日 (2013-1-10)

 新しい訟廷日誌になった。  今度こそきれいな字で、きれいに書き込もうと思うのは、最初の1・2ヶ月だけ。あとはたいてい下手くそな字でメチャクチャ書き込むようになる。  弁護士は、皆、配布される同じ訟廷日誌を持っている。だ […]

続きを読む
藤田紀子の「女弁護士日記」
12月20日 (2012-12-20)

 E郎は、孫が可愛くて仕方がない。  息子夫婦と同居していて、息子夫婦が共働きだったので、専らE郎が孫の面倒をみて、保育所の送迎、保育所の行事に顔を出し、休みの日は、孫を近くの公園や水族館に連れて行ったりしていた。  と […]

続きを読む
藤田紀子の「女弁護士日記」
11月20日 (2012-11-20)

 B子は、以前交際していたC男に、3年の間に合計100万円の金を融通してやっていた。  B子は、C男と結婚するつもりだったのかもしれないが、C男が、あまりにルーズな性格で愛想をつかし、結局別れて、C男に対する貸金の取立て […]

続きを読む