藤田紀子の「女弁護士日記」
12月10日 (2018-12-10)

 A子の夫は、会社の社長で財力がある。その夫が部下の女性と浮気していたことが発覚し、A子は、部下の女性に慰藉料を請求することにした。A子から、その女性に対し、300万円払えという文書を送りつけると、その女性はすぐ指定した […]

続きを読む
藤田紀子の「女弁護士日記」
11月20日 (2018-11-20)

 私は、信心深くないし、特定の宗教も持っていないので、自分が死んだ後、遺骨は海にまくでも骨壺に入れて放っておくでもどうでもよい。しかし、私の夫は、広島の人間で浄土真宗、結構信心を持っている。先日の台風で広島の実家の先祖の […]

続きを読む
藤田紀子の「女弁護士日記」
11月10日 (2018-11-10)

 「弁護士を雇う」という言い方をする人がよくいる。  先日は、家庭裁判所の調停委員までも、相手方本人に「弁護士を雇ったらどうですか」等と言うので、思わず私は、「弁護士は雇用ではなくて、委任です」と言ってしまった。  雇用 […]

続きを読む
藤田紀子の「女弁護士日記」
10月20日 (2018-10-20)

 B子は、1年前にC太郎にから借りた100万円を毎月10万円ずつ返済して来たが、生活が苦しくなったので、C太郎に頼み込んだところ、「あと30万円残っているところを今後5万円ずつ3回払ってくれれば、それで良い」と言われ、B […]

続きを読む
藤田紀子の「女弁護士日記」
10月10日 (2018-10-10)

 A男の妻は、小学校3年生の子どもを連れて家を出て行った。  妻は、家を出る際、毎週日曜日には子どもに会わせることをA男と約束した。  しかし、A男の妻は、何のかんのと屁理屈をこねては、子どもに会わせてくれない。A男は、 […]

続きを読む
藤田紀子の「女弁護士日記」
9月20日 (2018-9-20)

 調停や裁判和解で離婚や子どもの親権者が決まっても、それで「はい、すべて終わり」という訳にはいかない。できるだけ事後の面倒を避けるために、養育費の支払方法、子どもとの面会など細かいことについても、合意事項を調書に盛り込む […]

続きを読む
藤田紀子の「女弁護士日記」
9月10日 (2018-9-10)

 元依頼者のA男からは、時々連絡があるが、たいてい良い話ではない。  「またやってしまいました」という電話。彼は、クレプトマニア(窃盗症)なのだ。  A男は、自分で店を経営し、十分な収入があるのに、スーパーで洗剤とか下着 […]

続きを読む
藤田紀子の「女弁護士日記」
8月20日 (2018-8-20)

 法律に関する相談は弁護士に、税金に関する相談は税理士に、というのが一般的だ。しかし、法律問題と税金問題が微妙に絡むので、私も最低限の税金の知識は持っていなければならない。  たとえば、離婚の時に、夫から妻に300万円が […]

続きを読む
藤田紀子の「女弁護士日記」
8月10日 (2018-8-10)

 A子の夫は、イタリア人。「君は、この世の花だ、太陽だ。僕は、君なしでは一日たりとも生きられない」という熱烈な言葉でプロポーズされ、結婚した。A子と夫の間に生まれた子ども2人も、今は小学生。  A子は、「最近夫から離婚し […]

続きを読む
藤田紀子の「女弁護士日記」
7月20日 (2018-7-20)

 遺産分割調停事件を受任している。  依頼者は、亡母の長女A子、相手方は、A子の妹。女性2人が相続人なのだから、遺産を半分ずつすればよいではないかと思うかもしれないが、そう簡単にはいかない。  A子としては、「私が、妹よ […]

続きを読む