りらく連載「女弁護士日記」
3月10日 (2016-3-10)

 元プロ野球の清原和博選手が、覚せい剤所持と使用で逮捕されたニュースにショックを受けた人はたくさんいただろう。  私も覚せい剤の刑事弁護人を何件もやったが、なかなかやめられずに再犯に及ぶ人が多い。覚せい剤を使用し続けると […]

続きを読む
りらく連載「女弁護士日記」
2月20日 (2016-2-20)

 古川の裁判所に車を運転して出張した帰りの運転中、いつも車のドアポケットに入れてあるはずの運転免許証が見当たらない。それまでは、いつものところに免許証があると思って、バンバンとばして来たが、免許証不携帯か?と思ってからは […]

続きを読む
りらく連載「女弁護士日記」
2月10日 (2016-2-10)

 今年は暖冬かと思っていたら、ドカ雪が降った。重く湿った雪だ。  我が家は、角地にあり、ガレージと門の間も距離があるので、雪かきが大変だ。早朝から1時間もやったら、腰が痛く、へとへとになった。  東北の老人世帯は、大変だ […]

続きを読む
りらく連載「女弁護士日記」
1月20日 (2016-1-20)

 家庭裁判所の当事者の待合室には、絵本や雑誌等が常備され、待っている人が自由に読めるようになっている。  子ども向けの絵本は、「おうちがふたつ(クレール・マジュレル著)」とか、「パパどこにいるの?(ベス・ゴフ著)」とか、 […]

続きを読む
りらく連載「女弁護士日記」
1月10日 (2016-1-10)

 ローカル線の電車で、向かいの席に座っていた男性から、突然「なにか美味しい物を食べに行こうか」と声を掛けられた。「えっ?、この歳の私にナンパ?」とびっくりしていたら、立て続けに、「その前に公園で、キャッチボールする?キャ […]

続きを読む
りらく連載「女弁護士日記」
12月20日 (2015-12-20)

 C子は、いま夫と離婚の裁判中だ。  夫の代理人弁護士の書面には、厳しいことがたくさん書いてあるし、要求も厳しい。子ども名義で預金しているのは、夫婦の共有財産だからC子が管理している中から半分は渡せ、また、C子の方が預金 […]

続きを読む
りらく連載「女弁護士日記」
12月10日 (2015-12-10)

 A男は、定年退職して時間ができたので、隣地に一人で住む70才の男性B太郎の生活の面倒をあれこれとみるようになった。B太郎の家の草刈り、落と葉掃き、建具の不具合の調整、柵を吊ったり、電球を取り替えたり。  B太郎は、A男 […]

続きを読む
りらく連載「女弁護士日記」
11月20日 (2015-11-20)

B夫は、身体に障がいがあり、施設で生活していたが、この度やっと仕事を見つけて、障がい者年金を受けながら自立する目途がついた。 職場に近い場所に借家を探していたところ、入所していた施設の紹介で、障がい者年金を受けている人の […]

続きを読む
りらく連載「女弁護士日記」
11月10日 (2015-11-10)

 A子夫婦と子どもらの住んでいる借家は、夫名義で借りていた。しかし、夫婦が不仲になって、夫が家を出て実家に戻り、親と同居したのを機に、夫とは別居生活を送っている。  夫は、A子と子どもらの住んでいる借家の家賃を払ってくれ […]

続きを読む
りらく連載「女弁護士日記」
10月20日 (2015-10-20)

 顧問をしているC社が訴えられた。  1年前に退職した従業員Dから、在職中、自分の父・叔母が亡くなったのに、会社で定めている弔慰金がもらえなかったという内容だ。  C社の担当者が、帳簿を持って私の事務所に依頼に来たが、見 […]

続きを読む