りらく連載「女弁護士日記」

りらく連載「女弁護士日記」
6月20日 (2019-6-20)

 A子は、離婚する際、一カ月に一回は子どもに合わせると約束した。  離婚時、3才だった男の子は今は5才になる。幼稚園の行事も増え、友だちも沢山できて、よく知らない父親との面会は嫌がるようになった。それで何回か面会を断って […]

続きを読む
りらく連載「女弁護士日記」
6月10日 (2019-6-10)

 平成30年に相続法の一部が改正され、来年1月13日から施行される。  夫が死亡した後、現在居住している夫名義の家について、妻に居住権が認められるというのが大きな改正点だが、私が一番ありがたいと思う改正は、自筆証書遺言の […]

続きを読む
りらく連載「女弁護士日記」
5月20日 (2019-5-20)

 「夫に先立たれた妻は、それからは10年は余生を楽しむが、妻に先立たれた夫はまもなく妻を追うように亡くなる」とよく言われるが、私のまわりには妻に先立たれた後、元気に人生を楽しんでいる男達が多い。  A男は料理教室に入り、 […]

続きを読む
りらく連載「女弁護士日記」
5月10日 (2019-5-10)

 今、働き方改革がいろいろと議論され、特に勤務医師の残業規制について検討されている。  2月に私は、大病院に2週間入院したが、担当の医師は女性だった。緊急入院した私の手術は午後7時半までかかり、その後、手術の経過を夫に説 […]

続きを読む
りらく連載「女弁護士日記」
4月20日 (2019-4-20)

 私は、訴訟事件の約半分は判決ではなくて、和解で決着している。  和解が成立するのは、裁判官の力量に寄る所が大きい。  たとえば、300万円の請求だからハイ150万円で和解しましょうというやり方の裁判官は、和解上手とは言 […]

続きを読む
りらく連載「女弁護士日記」
4月10日 (2019-4-10)

 4月、希望に胸をふくらませて入学・入社するシーズンである。しかし、早くもその夢が打ち砕かれるケースは沢山ある。  私が相談を受けたA子は、入社早々、上司から歓迎会で新入女子社員はダンスを踊るように言われ、そのダンスが、 […]

続きを読む
りらく連載「女弁護士日記」
3月20日 (2019-3-20)

 虫垂炎で2週間入院した。さんざん痛い思いをした。  盲腸が、癒着して破れ、はみ出しているということで内視鏡手術をしたが、その後、腸が炎症を起こした。6人部屋だったが、つくづく日本人女性は(男性はいざしらず)、穏やかで思 […]

続きを読む
りらく連載「女弁護士日記」
3月10日 (2019-3-10)

 A子は、夫から離婚したいと言われている。  夫は、一括で300万円渡すし、今住んでいる家もA子の名義にしてそのまま住み続けてよいという。A子は、今の生活に安住したい。夫は数年前から家を出ているので、今更離婚しなくてもと […]

続きを読む
りらく連載「女弁護士日記」
2月20日 (2019-2-20)

 私の弟が70才で裁判官を退官し、東京近郊で弁護士になった。いろいろわからないことがある度に、私に電話してくる。私の事務所で使用している委任契約書を始め、種々の書類のひな型を送付してやったが、依頼者との関係でどうしたらよ […]

続きを読む
りらく連載「女弁護士日記」
2月10日 (2019-2-10)

 クリスマスや暮れ・正月など、時々、我が家に子どもらが孫を連れて集まると、総勢11人となる。  孫たちの成長をみるのが楽しい。  一番下の女の孫○子は5才。今までは母親にしがみついて、ぐずったりろくに物も食べなかったり、 […]

続きを読む