藤田紀子の「女弁護士日記」
2月10日 (2015-2-10)

 浦和に住む弟と久しぶりに長電話した。  今年は、母の13回忌なのでどうしようとか、先日裁判所を出たところで滑って転んで肉離れを起こしたが、帰宅途上ということで労災になったとか、ついでに共通の知人の噂話をしたり、弁護士の […]

続きを読む
藤田紀子の「女弁護士日記」
1月20日 (2015-1-20)

 私が所属している弦楽合奏団の演奏会が終わった。  これまで1ヶ月に2回ずつ練習を重ね、本番に向けて励んできた。指揮者が「今までで一番良い出来だった」とほめてくれた。  指揮者曰く、「本番前のゲネプロが最高の出来だと、本 […]

続きを読む
藤田紀子の「女弁護士日記」
1月10日 (2015-1-10)

 A子は、妻を亡くした65才の男性の後妻となった。  経済的な心配もないし、夫は、A子にとても優しくしてくれる。しかし、A子の不満は、夫が前妻との昔の思い出話ばかりすることだ。  A子が、夫に「つらいからその話はやめて」 […]

続きを読む
藤田紀子の「女弁護士日記」
12月20日 (2014-12-20)

 A子は、友人の女性B美に5年間に渡って十数回合計300万円を貸し付けた。 一応借用証もある。いずれも返済期限は過ぎているが、A子がB美に何回催促しても、また督促状を送りつけてもいっこうにに返してくれない。  A子がちょ […]

続きを読む
藤田紀子の「女弁護士日記」
12月10日 (2014-12-10)

 先月、オレゴン州の29才の女性が、予告通り自宅で医師から処方された薬を服用して死亡した事件が、大々的にマスコミで報道された。  脳腫瘍で余命わずかと宣告され、それまで住んでいたカリフォルニア州から、安楽死が認められてい […]

続きを読む
藤田紀子の「女弁護士日記」
11月20日 (2014-11-20)

 A子の夫B太郎は、なによりも母親の意思を尊重する。  家電をどのような物を買うか、ボーナスをどう使うか、B太郎は、毎日電話して母親のご機嫌をとる。  A子がいくら苦情を言っても改められないので、とうとうA子は怒って家を […]

続きを読む
藤田紀子の「女弁護士日記」
11月10日 (2014-11-10)

 人間ってなかなか改良できないものだ。  次から次と詐欺商法で儲けて起訴された被告人が、法廷で「今後は真面目に働いて、絶対人を騙すようなことは致しません」と言っても、一年後にはまた同じようなことをやって逮捕・起訴される。 […]

続きを読む
藤田紀子の「女弁護士日記」
10月20日 (2014-10-20)

 B男の代理人として、土地の売買契約に立ち会った。  買主は、東京在住の男で、やはり東京の弁護士が同行してきた。  売買代金の内50万円は、東京の弁護士が前以て預かっており、本日は、その余の代金をB男が受領して、登記など […]

続きを読む
藤田紀子の「女弁護士日記」
10月10日 (2014-10-10)

 A子は、やっと夫と離婚できて、ホッとして平穏な毎日を過ごせると思っていたところ、毎日のように、元夫から電話やメールであれこれ言って来る。「お前の昔の写真が出てきた。なかなか良く撮れているから欲しくはないか」、「オレのチ […]

続きを読む
藤田紀子の「女弁護士日記」
9月20日 (2014-9-20)

 弁護士に相談する時は、相手のことばかりではなく、自分の不利なことも予め言ってくれなくては困る。  夫が不貞をはたらいたから離婚したいというA子の代理人になって、離婚調停の申立をしたが、調停の席上、調停委員から「でも、A […]

続きを読む