9月20日 (2019-9-20)

 よく「お忙しいところをすみませんが」という枕ことばが使われる。結婚式や集会などでも「今日はお忙しいところをわざわざお運びいただき……」と言われる。忙しいということはリスペクトの対象になるのだろうか。私はそうは思わないのでいつも違和感を覚える。
 二昔前は、お金を沢山持っている人、稼ぐ人が羨ましがられた。一昔前は、お金よりも不動産を沢山持っている人が成功者とされた。今はどうだろう。不動産は負動産ともいわれ、その維持や処分が大変になった。
 今は、時間を持っている人が裕福なのではないか。たっぷり何にもしばられない時間を好きなだけ使う。好きな時に映画を見たり、仲間と飲んでおしゃべりしたり、混雑を避けて平日に出かけたり、そんな余裕のある人がリスペクトされるのではないか。
 だから「お忙しいところを……」というよりは、「折角おくつろぎのところを……」と言った方がピタリなんだがなぁ。

この記事を書いた弁護士

弁護士 藤田 紀子
弁護士 藤田 紀子
仙台で弁護士を始めて50年以上。

この地域に根を張って、この地域の人々の相談に応じ、問題の解決に図るべく努力をしてまいります。