1月10日 (2013-1-10)

 新しい訟廷日誌になった。
 今度こそきれいな字で、きれいに書き込もうと思うのは、最初の1・2ヶ月だけ。あとはたいてい下手くそな字でメチャクチャ書き込むようになる。
 弁護士は、皆、配布される同じ訟廷日誌を持っている。だから何人か集まって打ち合わせの後、帰ってみたら他の弁護士の訟廷日誌を間違えて持って来ちゃった、なんてことがある。
 だから、私は間違えないように、自分の訟廷日誌には特別のシールを貼っている。これがボロボロになる頃には、また、1年が終わるのだ。

この記事を書いた弁護士

弁護士 藤田 紀子
弁護士 藤田 紀子
仙台で弁護士を始めて50年以上。

この地域に根を張って、この地域の人々の相談に応じ、問題の解決に図るべく努力をしてまいります。